見た目年齢をグッと下げよう【若白髪を染めるのが効果的】

見た目年齢を若返らせて

髪の印象は大事です

女の人

髪の印象は、見た目年齢に大きな影響を与えます。
つやつやとした美しい髪をしている方は、ただそれだけで若く見られがちです。
反対に、パサパサと傷んでいる髪や手入れ不足の髪は、周囲に対して実年齢よりも年老いた印象を与えてしまうでしょう。
残念ながら若白髪も、こんな印象に結び付いてしまいます。
若白髪が気になったとき、根本から抜いてしまうのはオススメできません。
毛根がダメージを受けるからです。
もしも若白髪が増えてきたら、潔く「染める」という選択をしましょう。
染めることで黒さを取り戻すことができれば、一気に見た目を若返えらせることもできます。
一度使い始めたら、使わなかった頃には戻れなくなる白髪染めですから、できれば肌に安心で、手軽に使える製品を選択するのがオススメです。
中でも人気が高いのは、シャンプーやトリートメントとして使いながら、少しずつ髪を染めていける製品です。
こうしたタイプの白髪染めなら、毎日のケアがそのまま「染める」という行為につながります。
製品をかえるだけで気になる若白髪を隠せるので、髪に悩んでいる方々の人気を集めています。
もちろん普通の白髪染めでケアをするのもオススメの方法です。
しかし、一連の流れを自分で行うのは意外と大変なもの。
「まだいいか」と手を抜いている間に、どんどん周囲の印象が悪くなってしまう可能性もあります。
シャンプーやトリートメントをしながら染めるタイプの製品は、染まりやすさにも違いがあります。
口コミ評価が高い物を選ぶと良いでしょう。

自分に必要なアイテムとは

髪染め

年齢を重ねていけば、当然白髪が増えていく事は納得出来る事です。
しかし、10代や20代で白髪が生え始める若白髪になると、見た目を重視して染める事を考え始めます。
生えてきた白髪を抜けば良い程度であれば、染める事をせずに若白髪を防ぐ早めのケアが大切です。
白髪は、主にメラノサイトや付属器官の機能が低下することによって起こるのが原因とされています。
また、タンパク質やアミノ酸などの栄養が不足することで、起こる場合もあります。
他にも、ストレス、遺伝なども原因の一つとして挙げられるのです。
なので、悩みを解消させるには、自分がどの原因で若白髪になっているのかを、まず知ることが必要です。
原因は色々あっても共通する若白髪対策は、生活習慣と食生活による頭皮ケアです。
ストレスのない規則正しい生活を心がけ、若白髪を予防する栄養素を補う食事を摂ります。
そして、摂取した栄養が行き届くように、頭皮の環境を整える事です。
食事で栄誉を十分に摂取する事は難しいので、白髪用サプリメントの利用が便利です。
白髪用サプリメントには、白髪に効果がある栄養素が配合されているので、効率よく摂取する事が出来ます。
頭皮ケアには育毛剤や、育毛シャンプーを使うと髪の成長を促し、細胞分裂を活発にするので若白髪対策になります。
また頭皮セラムを使えば、頭皮の保湿にもなります。
これらの商品は、多くの場所や方法で購入する事が出来ます。
大切な事は自分に合ったアイテムかという事です。
できれば行きつけの美容院やエステサロンでアドバイスを受ける事が良い方法です。
しかし、人には知られたくない場合は、インターネットで購入する事も可能です。
最近のドラックストアでも知識の豊富な店員が在籍しているので、アドバイスを受け購入する事もできます。
若白髪は出来る事ならば、染める事をせずに予防して減らしたいものです。
しかし、見た目が気になるのであれば染めるだけでなく、しっかり予防を行なっておくことも大切です。

若くても遺伝で白髪になる

レディ

白髪というのは30代の半ばあたりから生え始めるのが一般的です。
それにもかかわらず10代や20代から白髪が生えることもあります。
これを若白髪といいます。
この原因は遺伝であることがほとんどです。
若白髪は基本的には後天的なものではなく先天的なものなので、若白髪に対処するには髪を染めるしかありません。
しかしながら、美容院で白髪染めをするのには抵抗を感じるという人もいます。
そこで、ここでは自分で手軽に染める方法を紹介します。
自分で白髪を染めるには市販の白髪染めを購入する必要がありますが、それには3種類あります。
泡タイプ、シャンプータイプ、トリートメントタイプです。
泡タイプは手軽に使用することができますが、ブリーチ効果があって髪の毛が傷みやすいです。
シャンプータイプも、通常のシャンプーの代わりに使うだけなので、手軽ですが、色が入るのに1ヶ月程度かかります。
これらの中で最も手間がかかるのはトリートメントタイプですが、ジアミン系の酸化染毛剤が配合されていないので、髪の毛にダメージを与えることはありません。
また、トリートメントタイプは頭皮環境に良い影響を与える成分が配合されていることが多いです。
たとえば、近年は美容効果の高い昆布エキスが配合されていることや、頭皮に心地良い刺激を与える唐辛子成分が含有されていることも珍しくありません。
若白髪を解決するにはトリートメントタイプで染めることをおすすめします。

サプリメントで摂取

漢方

高麗人参には様々な効果がありますが、主成分であるサポニンには新陳代謝機能をアップさせる効果もあるため、近年ダイエットにも有効だと言われています。高麗人参はサプリメントで摂取するのがお手軽です。費用は商品によって大きく違うので購入し続けられるものを選びましょう。

もっと読む

日本人の肌に合わせて開発

脱毛

現在ではエステサロンではフラッシュ脱毛が主流となっていますが、費用や通う手間も必要です。家庭用脱毛器も良いものが登場しており、ヤーマンのレイボーテシリーズは高品質で日本人向けに開発されていますので、安全に利用することができます。

もっと読む

時間というタイミング

美顔ローラー

忙しくて時間がない時は、ゲルマニウムによる新陳代謝促進効果が期待できる美容ローラーで手軽にケアできます。また時間がたっぷりとれるときは、5つのモードで本格的なお手入れができるフェイスエクストラを使い分ける方法がおすすめです。

もっと読む